小林政明法律事務所

相続放棄をしたいけれど、債権者にどう対応すればいいの…?

相続放棄をしたいけれど、債権者にどう対応すればいいの…?

 相続される人が亡くなってしまったときに、相続人は財産を引き継がない、いくつかの方法があります。よく行われるのは、相続人同士で話し合って、財産を受け取らない遺産分割を行うという方法があります。ですが、相続される人の借金が多くて困っている場合には、大抵、この手段をとることはできません。その代わりに、「相続放棄」という手段をとることができます。
 例えば、父親が借金をしており、その父親が亡くなってしまいました。その時、相続人であるあなたは、相続放棄を検討しているとします。父親の死後、債権者が連絡してくることがあります。このような場合、それに対してどう対応すればいいのでしょうか。FAQ形式で、ご説明いたします。
 
【Q1】 相続放棄をしたいけれど、どんなことに注意すればいいの?
 
【A】 相続放棄には、メリットもあれば、デメリットもあります。

〇 何のための制度なの?
 相続放棄は、相続される人の財産を相続人が自分の意思でどうするか決めることができる制度です。そのため、相続される人に借金が多い場合には、
【相続人が、その借金の負担から解放される】
という大きなメリットがあります。
 ですが、その反面、
【相続される人の財産や権利も一切引き継ぐことはできない】
というデメリットも持ち合わせています。つまり、借金を引き継がない代わりに、相続される人が、その人の名義で車や家を持っていた場合、そのような財産も引き継ぐことができなくなります。
 
〇 相続財産を使い込んでしまうと相続放棄できない。
相続放棄をする前にこのような点に注意しましょう。
【相続人が相続される人の財産を使った場合、相続放棄をすることができません】
また、
【相続放棄をした後でも、財産を意図的に隠した場合や、使い込んでしまった場合など、
相続放棄の効力が生じない場合があります。】
相続される人が亡くなり、それに乗じて、その預金を勝手に使ってしまったような場合には、相続放棄という手段をとることをできなくなってしまうことがあります。
 
〇 手続き上の注意点
以下のような手続き上の注意点もあります。
①自己のために相続の開始があったことを【知ったとき】から【3か月以内】であること
②相続される人が亡くなったときの【住民票のあるところ】の家庭裁判所に申し立てること
③一定の書類を用意すること
 
 このように、いくつかの注意点が存在します。ですが、相続放棄は財産・債権と債務を計算して、債務の方が多い場合、借金の負担を免れることのできる有効な手段であることには変わりありません。
 
 
 
【Q2】 債権者からの連絡があった場合、必ず対応しなければならないの?
 
【A】 いいえ、債権者に何らかの連絡をしなければならない義務はありません。
 
〇 相続放棄をしない場合
 相続放棄をしない場合、本来、相続人は、相続される人の財産を引き継ぎます。債権者に何の連絡をしなくても、借金を返済する義務も、引き継がれることになります。
相続人が債権者に対して連絡を取らなければいけない義務は民法上ありません。
 
〇 相続放棄をする場合
 一方、相続放棄をする場合にはどうでしょうか。この場合、相続放棄をした相続人は、初めから相続人とならなかったものとみなされます。そのため、借金を返済する義務を引き継ぐことはありません。
また、相続放棄の手続きは、家庭裁判所に対して行えば、相続放棄が認められることになります。
相続放棄をする場合でも、債権者に対して連絡を取る義務は民法上ありません。
 
 
 
【Q3】 親が亡くなった後、債権者が訪ねてきて、文書へのサインや、お金の支払いを頼まれました。このような場合に、書類へのサインや、お金の支払いはしなければならなのでしょうか?
 
【A】 サイン・支払いをすると、相続放棄ができなくなる可能性があります。
 
以下、具体的な事例を元に、ご説明いたします。
 
【事例①】 債権者から示された文書に「相続人が債務を、承継したことを認めます」と書かれていた。
 
【A①】 この文書にサインしてはいけません。
 
 相続をする際に、相続人は、
【財産も借金も含めて、全部を相続すると言うこと】
ができます。こういった内容の発言や行動をとると、後々相続放棄をすることができなくなります。(※1)
【事例①】のような場合に、この文書にサインをすることで相続人は、「私は借金を相続します」と発言したことの証拠となってしまいます。そのため、この文書にサインしてしまうと相続放棄をすることができなくなる可能性があります。
 
 このような文書の例として、債権者の方から「債務者死亡届」などという表題で文書が送られてくることがあります。その時に、細かい字で、
【「私は債務を承継することを認めます」】
など、相続を認めるかのような文字が、書かれていることがあります。債権者からの文書には、気を付けて目を通すようにしましょう。
 
【事例②】 債権者から、「どうしても1万円だけでも払ってほしい」と頼まれた。
 
【A②】 このようなお願いに対して、お支払いをしてはいけません。
 
相続される人が死亡したことを知ったうえで、相続される財産の中からお金を支払った場合、相続される財産を相続人が「処分」したと捉えられることがあります。そのような場合には、相続放棄をすることができなくなります。
また、相続人自身の財産を使って支払った場合を考えてみます。この場合には、「相続される財産を、借金を含めて全部引き継いだうえで、借金を返します」という行動をとったと考えられる可能性があります。
したがって、どんなに債権者の方が熱心にお願いをされている場合でも、お金を支払ってしまうと、【その後に相続放棄をすることができなくなる可能性があります。】
 
実際のケースとして、このようなお願いがなされることは多々あります。例えば、
【「今お支払いをしていただければ、返す借金の額を減らします」】
など、一見お得に見える発言や文書が送られてくることがあります。この時に、お金を支払ったばかりに、莫大な借金を自分で背負うことになるということになりかねません。気を付けましょう。
 
 
【参照】
(※1)  昭和6年8月4日大審院民事判例集10巻652頁